たいちゃんパパの一口馬主日記

社台RH、サンデーR、キャロット、ラフィアン、ウイン、ノルマンディー、そして今年からG1で一口馬主に出資。募集馬の個人的な評価を備忘的に書き残すとともに、出資馬の一喜一憂などを書き連ねていきます。

ゴルトキルシェ、山元TCへ

2歳出資馬の中で最初に入厩し、すんなりとゲート

試験にも合格したゴルトキルシェですが、

山元TCへ放牧となりました。

 

グリーンウッドで調整するのかと思っていました

が、じっくり乗り込みたいということでしょうか。

 

今のところ、ステイゴールド産駒の牝馬にしては

精神的にしっかりしているようですのであまり

心配してはいませんし、目標は秋競馬とハッキリ

しているので、少しずつペースアップして行って

もらえたらと思います。

 

POG本などでもかなり高い評価をもらっていま

したが、馬体などはまだ完成しきっていないと

思いますので、秋に競馬場で会えるのを楽しみに

待ちたいと思います。

キャロットクラブ募集馬リスト

ところで昨日、キャロットクラブの募集馬リスト

が発表されました。

詳細な検討はこれからですが、レイデオロ

ダービーを買って会員の出資意欲も高まっている

ことが予想されるので、これまで以上に希望する

馬への出資が難しくなるかもしれませんね。

 

また、これは単なる一個人の政治的な読みですが、

ノーザンFがどこまでキャロットに有力馬を回すか、

逆に言うとそれほど回す必要も無いのではないか、

というのがポイントになる気がしています。

 

というのも、アルアインに出資している山本昌さん、

ブラックスピネルに出資しているカンニング竹山

さんにスポットライトが当たったことで、40口クラ

ブの宣伝効果というのをノーザンFとしても改めて

思い知ったと思うのです。400口クラブで、例えば

草野仁さんがレイデオロを持っていたといっても、

ここまでの宣伝効果はやはり無いですからね。

 

それに、社台グループが一口馬主クラブに力を入れる

最大の目的というのは、セレクトセール購買者の獲得

のであり、その入り口という観点からも400口よりは

40口クラブを優先するのは(会員の金銭的ポテンシャ

ルという点から)当然のことでしょう。

その点、馬主リーディングでキャロットがサンデーR

よりも上位に来るというのはやはり行き過ぎであっ

て、少しくらい馬質を下げても文句を言われる筋合い

ではない、というのが本音であるような気がします。

 

また、400口クラブが「馬主の裾野を広げる」ために

あるのだとしたら、これ以上キャロットの会員だけに

美味しい思いをさせる必要もないでしょう。

つまり、まだ美味しい思いをしている会員が多くない

シルクにこそ良い馬を回して、そちらの会員にも満遍

なく美味しい思いをしてもらう・・・そんな可能性も

否定できないというのが私の考えです。

 

そんなことをいろいろ考えてみると、今後のキャロ

ットの出資戦略としては、やはり(馬の出来如何に

関わらずノーザンFが提供してくれる)「Our Blood」

狙いが正解という答えに辿り着くかと思います。

新しい繁殖の仔で、期待の高い馬をキャロットに投入

する可能性はかなり低い(セール購入馬を除く)と考

えていますので、その辺りに注意して検討したいです。

今週の結果(2017/07/15)

今日は2頭とも良く頑張ってくれました。

 

アシュランス

3歳未勝利 柴田大騎手 16頭/3着

スタートが全てでしたね・・・。

初の1200であれでは厳しいです。

しかし、直線では絶望的な位置からあわや

差し切るかという追い込みを見せてくれて、

本当に力を付けていると実感しました。

ただ、いかんせん時間が無いので・・・。

さらに言うと、権利を取ったものの次走に

ちょうどいい番組も無いような・・・。

(中1週なら新潟の芝1200がありますが)

陣営がどう判断するか注目したいです。

 

デスティニーソング

STV杯 鮫島駿騎手 13頭/2着

こちらは期待通りの積極的なレースで着実

な前進を見せてくれました。

パドックでは解説の弥永明郎さんにも指摘

されていた通り、少し脚捌きが硬めに映った

ので心配しましたが、気持ちで走る馬なので、

あまり関係なかったようですね。

ただ、あのパドック気配からは続けて使った

疲労がある程度見えてきているので、次走の

判断は慎重にお願いしたいですね。

 

勝ち切れなかったのは残念ではありますが、

馬たちは頑張ってくれましたと思います。

お疲れさまでした!

 

通算成績

583戦(53・59・50・421)

勝率.091 連対率.192 複勝率.278

今週の出走予定(2017/07/15)

今週は仕事が忙しく、なかなか更新する時間が

ありませんでしたが、本日2頭が出走します。

 

アシュランス

7/15(土) 3歳未勝利 福島/芝1200 柴田大騎手

ここのところ安定したレース振りが続いていて、

メンバーにも恵まれた感のあるここはチャンス

ではあると思います。

ただ、ひとつ気になるのは初の1200ということ

で、上手く流れに乗れるかどうか・・・。

前走にしても東京1400で前半はゆったり流れる

レースでしたので、戸惑わなければいいなとは

思っています。

ここまで使い込んできていることと未勝利戦の

残り時間を考えると、ここで決めておきたい

ところではありますね。

 

デスティニーソング

7/15(土) STV杯 函館/芝1200 鮫島駿騎手

函館での2走でこのクラスでも十分にやっていける

だけの力があるところは見せてくれており、叩き

3戦目でどこまでやれるか、あわよくば勝ち切って

くれないかな・・・と思っています。

こちらのポイントは、今週からA→Bへコースが

変わる点。器用な馬ではありますが、内枠の先行

馬には有利だと思いますので、前半、スムーズに

前目のポジションが取れるかどうかがカギですね。

 

2頭とも、好走を期待しています!!

今週の結果(2017/07/08)

ウインアーカイヴス

3歳未勝利 丹内騎手 10頭/4着

着順こそ4着ですが勝ち馬から4秒離されて

おり、次走の出走権は得ましたが、休養前

からの一変が無かったという点で厳しいと

覚悟しています。

 

ブランメジェール

3歳上500万下 大野騎手 16頭/3着

こちらも残念な結果でした。

スタートで寄られたといっても、その後は

スムーズにレースが運べていましたので、

本当に力が違うなら勝ち切れていたはず。

そもそも、芝スタートで3番に前に入られる

ほどの出足(スピード)しか無かったと

いうのが何よりもショックでしたね。

レースが始まる前は、正直、ここから来年

アイビスサマーダッシュまで駆け上がる

イメージを持っていましたが、どうやら

そこまでの器ではなかったかな・・・と。

ただ、馬体はまだまだ未完成な印象を受け

ましたし、もう少し厚さが出てくれば違う

かもしれないのでそこに期待します。

 

レントラー

茶臼山高原特別 小牧騎手 10頭/1着

小牧騎手の「神騎乗」で久々の勝利

もう終わってしまったのでは、と思った

時期もありましたが、ようやく復活して

くれて本当に嬉しいです!!

去勢の効果というのもあるのかもしれま

せんが、個人的にはそれよりも小牧騎手

の腕によるところが大きいと思います。

走るのを止めるところのある馬を真面目

に走らせる、というのは、やはり馬質の

低い地方で腕を磨いたからこその技術が

あるのではないしょうか。

今日のレースでもまだ全力を出しきった

とまでは言えないと思いますし、相手

なりに走れる馬ですから、昇級後も楽し

みがありそうです。

 

通算成績

581戦(53・58・49・421)

勝率.091 連対率.191 複勝率.275

今週の出走予定(2017/07/08)

今週は明日、土曜日に3頭が出走予定です。

 

ウインアーカイヴス

7/8(土) 3歳未勝利 函館/ダ2400 丹内騎手

勝利戦も残りわずかとなってきて、正念場です。

本馬の場合、過去3戦が見せ場なしでしたので、

ここもダメなら引退の可能性もあります。

調教は動いているようですし、少頭数でもあります

ので、何とか次に繋がる内容を。

 

ブランメジェール

7/8(土) 3歳上500万下 福島/ダ1150 大野騎手

初の直線平坦コースで楽しみしかありません。

前走にしても行きたがる素振りを見せていたように、

距離短縮も大歓迎。

ダートだろうが芝だろうが、この条件ならば

持ち前のスピードを最大限見せつけてくれるはず!

 

レントラー

7/8(土) 茶臼山高原特別 中京/芝2000 小牧騎手

休み明けの前走で見どころのある競馬をしてくれた

ので、俄然楽しみな叩き2戦目。

いつも力を出し切っていないと思うので、小牧騎手が

気を抜かせないように上手くエスコートしてくれれば、

久しぶりの勝利も十分あり得るでしょう。

昨年の出資候補馬振り返り

今週の新馬戦でフロンティアという馬が

勝ち上がったと聞き、思い出しました。

「去年出資候補に入れていた馬だ」と。

 

若干、後出しにはなってしまいますが、

昨年度の、社台・サンデー・キャロット

3クラブで出資候補となった馬(私の評価

点で80点以上)をメモしておきます。

(※ G1は昨年は検討していません) 

 

84点 ジョコンダIIの15

82点 オリエンタルアートの15

81点 カウアイレーンの15

81点 ダリシアの15(ゴルトキルシェ)

81点 データの15(レノヴァール)

80点 アルーリングボイスの15

80点 ミスエーニョの15

80点 グレースランドの15

80点 カラフルデイズの15

80点 クラックシードの15

80点 カニョットの15

80点 ロフティーエイムの15

 

クラブもごちゃ混ぜで申し訳ないですが、

個人的な備忘なのでご容赦ください。

この内、出資馬は色を付けた2頭です。

 

ジョコンダIIの15は募集時は評価が高か

ったのですが(実績が足りないとの判断

で応募は回避)、その後の写真を見ると

どうも馬体のバランスが崩れているよう

な気がして・・・どうなるしょうか?