たいちゃんパパの一口馬主日記

社台RH、サンデーR、G1、キャロット、ノルマンディー、ワラウカドで一口馬主に出資。出資馬の出走の記録を中心に、競馬に関する個人的意見を書き連ねていきます。

2018年度募集馬検討

出資確定

第1希望 77.エヴァディングタンペットの17 ◯ 第2希望 153.タンザナイトの17 × ということで、一番欲しかった馬は取れたものの、 タンザナイトの17は残念ながら抽選でハズレ。 まあ、ワンチャンスあったのが不思議なくらいの良い 馬でしたから、この結果は仕…

応募完了

社台グループ3クラブの応募期間が終了しました。 まさに祭りの後、という感じですね。 それでは、忘れないうちに、検討の最終候補に残った 4頭について触れておきたいと思います。 まず、第1希望で応募したのは、 77. エヴァディングタンペットの17 これは何…

社台グループ牧場見学ツアー〜社台F〜

3.スタセリタの17 目の保養に見てきました。 リスクはありそうですが、走ったらワールドクラス なんでしょう。 7.エバーブロッサムの17 あまりチェックしていなかったのですが、「良い馬が いるな」と思って見てみたらこの馬でした。 キンカメだけど全然硬さ…

社台グループ牧場見学ツアー〜追分F〜

追分Fも撮影頭数が少なかったです。 G-6. オリエントチャームの17 あまりじっくりと見てはいませんが、柔らかそうな 動きや皮膚の質感はさすが血統馬ですね。 G-25. リープオブフェイスの17 写真ではそっぽを向かれてしまいましたが、DVD で見るよりもだいぶ…

社台グループ牧場見学ツアー〜早来F編〜

13. フーラブライドの17 人気しているようなので写真を撮ってみました。 36. ジプシーハイウェイの17 通りすがりに一枚。 ゆっくり見る時間がありませんでした。。。 143. ピースバーグの17 思っていた以上に良い馬でした。 気性的にはまだ子どもっぽいとこ…

社台グループ牧場見学ツアー〜ノーザンF編〜

牡馬は出資候補としていた馬がそれほどいなかった こともあり、目の保養として高額馬ばかりを写真に 撮っていたようです。 106. ブエナビスタの17 以前にも書きましたが、「これまでの母の産駒とはデ キが違う」という関係者の声を実際に耳にしました。 110.…

第1回人気上位中間発表

社台グループの出資検討もようやくひと通り終了。 思っていたよりは早く終わりました。 現時点では結局、10頭が出資候補となっています。 (社台:3頭、サンデー:4頭、G1:3等) 明日はいよいよ待ちに待った日帰りツアー。 天気がもってくれることを祈りま…

DVDを観てのファーストインプレッション

昨日、DVDが届いていましたので、早速、ひと通り 観てみましたが…すみません、結論としては出資候補 はだいぶ入れ替わります。 先にピックアップした馬の8割くらいは候補外になり そうですし、名前を挙げていなかった馬が急浮上して かなり上位にランクして…

バカに良く見えた馬〜G1編〜

G1は頭数の割に高評価の馬が多いです。 15. インコグニートの17 国枝厩舎 16. カルマートの17 戸田厩舎 父ゴールドシップの初年度産駒、もっと鈍い馬が多い かと思っていたのですが、この2頭は軽さがあって、 ステイゴールドの運動神経の良さが伝わっていそ…

バカに良く見えた馬〜サンデーR編〜

続いてはサンデーです。 頭数が多いのでコメントは控えめに。 104. ステファニーズキトゥンの17 父ディープインパクト 藤沢和厩舎 背中のラインが美しく、バランスの取れた好馬体で すね。トモに力がつけばかなりの馬になるのでは ないでしょうか。 106. ブ…

バカに良く見えた馬〜社台RH編〜

ここでは、価格、血統、厩舎、馬体(写真)の各ファ クターまでを採点し終えた段階で、上位評価をしてい る馬をピックアップしておきます。 尚、最終的な評価は動画でかなり変動がありますの で、その点は予めご了承ください。 それでは、社台RH所属馬から。…

ディープインパクトとPocahontas

バレット故障のショックも癒えない中ではありますが、 募集馬検討の時期は近づいてきており、そこへ向けた 戦略も考えていく必要がありますので、まずは今週の 競馬を振り返っておきたいと思います。 本日行われたヴィクトリアマイルを制したのはジュール ポ…

水上本を頂きました!

競馬予想TVの懸賞に応募し、写真の本を頂きました。 どうも、ありがとうございました! 馬券の参考というよりも、出資検討の参考になるかなと 思って応募したのですが、なかなか面白かったですよ。 当然と言えば当然なのですが、馬券になる馬=走る馬で すか…

2018年度募集馬リスト〜社台グループ

今週は出資馬の出走は無し。 ということで、社台・サンデー・G1の募集予定リスト から検討を開始しました。 今年の特徴、それは自家生産種牡馬の産駒を積極的に リストアップしていることではないかと思います。 エピファネイアくらいなら驚くことはないので…