たいちゃんパパの一口馬主日記

社台RH、サンデーR、キャロット、ラフィアン、ウイン、ノルマンディー、そして今年からG1で一口馬主に出資。募集馬の個人的な評価を備忘的に書き残すとともに、出資馬の一喜一憂などを書き連ねていきます。

社台グループ募集馬検討ツアー②

カルマートの16

f:id:taichan-papa:20170618144654j:plain

f:id:taichan-papa:20170618144721j:plain

デキとしては期待していた通りという感じですが、

やはり気性面と馬体の成長がカギになるでしょう。

気性的な難しさは牧場の方も指摘されていましたが、

「高野厩舎は経験豊富な厩務員揃い(何でも、重賞

勝利数を合計すると100を超えるそう)なので、

大丈夫でしょう」とおっしゃっていました。

しかしこの馬、予想以上に人気ですね・・・。

 

エクセレンスIIの16

f:id:taichan-papa:20170618144849j:plain

f:id:taichan-papa:20170618144858j:plain

個人的にはこの厩舎には出資したくないので応募は

しませんが、馬自体は素晴らしいですね。

特に欠点も無いのですが、逆にこれだけ粒揃いの

ノーザンF牝馬の中で突き抜けるものも感じなかった、

というのが正直なところでしょうか。

少しパワー型なので、ソウルスターリング

ミスエーニョとはタイプが違いそうではありますが、

それでも走るのではないでしょうか。

 

 

ミリオンウィッシーズの16

f:id:taichan-papa:20170618144812j:plain

f:id:taichan-papa:20170618144824j:plain

血統面で早くから注目していた馬。

インブリードが濃い影響も気にしていましたが、

それほど気性面での問題は無さそうでした。

牧場のスタッフからは、

「母の仔が走っていないのでこの価格ですが、

この牝系ですからお買い得だと思います」

今年のノーザンF牝馬は特に良血馬揃いでしたが、

そんな中でも全く見劣りしないデキでした。

前出の関係者Xにこの馬が良かったと伝えたら、

「見えてますね。自信持っていいですよ。

 ノーザンFのG1提供馬で買うならこれ。」

とコメントがあったことも付け加えておきます。