たいちゃんパパの一口馬主日記

社台RH、サンデーR、キャロット、ラフィアン、ウイン、ノルマンディー、そして今年からG1で一口馬主に出資。募集馬の個人的な評価を備忘的に書き残すとともに、出資馬の一喜一憂などを書き連ねていきます。

社台グループ募集馬検討ツアー③

クロノロジストの16

f:id:taichan-papa:20170618144745j:plain

あまり人気になられても困るので、ここで名前を

出すべきかどうか悩みましたが、

全体で3番目に評価している馬です。

抽選で外れたときに備えて応募するつもりです。

とにかく柔らかさが素晴らしいです。

馬体もカタログ写真よりはだいぶ重厚感が出てきて、

しっかりしてきているように見えました。

これも前出の関係者Xによく見えたと伝えたところ、

「そうなんですよ、バゴでもよく見えるくらい

ここ(ノーザンF牝馬)は宝の山なんですよね」

とのことでした。

 

 

アートプリンセスの16

f:id:taichan-papa:20170618150123j:plain

カタログ写真ではゴツゴツしているような印象

でしたが、思っていたよりも伸びのある馬体で

ハーツクライっぽいという印象をもちました。

歩かせても柔軟性はありましたし、これなら

父の良さを活かせそうですね。

ただ、これもこんなに人気を集めるとは予想外

でしたが・・。

 

グァンタナメラの16

f:id:taichan-papa:20170618150548j:plain

これは実馬の方が格段に良かったですね。

なぜノーマークにしていたのかと反省すべく

カタログを確認してみたら、トモのボリューム

が全く違っていました。

追分の馬なのですが、ノーザンファーム

中尾さんが「これはいい馬だね、人気でしょ?」

と言っていましたが、現状全くの人気薄・・・。

見ていたご婦人からも、

「これは人気になってしまうんでしょうね」

と声が漏れるくらい、パッと見て見栄えのする

馬でしたがカタログでは全く伝わっていません。

 また、スタリオン関係者からは、

ハービンジャーの緩さに対してフジキセキ

締まりの強さがちょうどいいバランス」

というコメントがありました。

 

ヘヴンリークルーズの16

こちらも実馬が格段に良かったですね。

トモのボリュームと力感が抜群でした。

関係者Xからは、ジャスタウェイ産駒は後駆が

スピードの源になるのでそこをチェックすべし、

と教えて頂きましたが、それを最も体現して

いたのがこの馬だったと思います。

父のポテンシャルを計るのに最適という気が

しますので、出資するしないを離れて、どの

ような走りをするか、注目したいと思います。