たいちゃんパパの一口馬主日記

社台RH、サンデーR、キャロット、ラフィアン、ウイン、ノルマンディー、そして今年からG1で一口馬主に出資。募集馬の個人的な評価を備忘的に書き残すとともに、出資馬の一喜一憂などを書き連ねていきます。

(レース展望)2017/08/13 博多S

ガンサリュートが8/13の博多Sに出走予定

です。

このレースは今後を占う意味で非常に重要なレース

になる予感がするので、詳細にプレビューをして

いきたいと思います。

 

このレースには12頭の登録がありますが、

ガンサリュートはハンデ53キロで馬齢を加味すると

実質的トップハンデです。

このことは、それだけメンバーが手薄であるという

ことの裏返しでもあるので、あまり気にしなくて

いいだろうと思います。

 

問題は、春からどこまで良化(成長)があるかに尽き

ますが、一方で、毎日杯マイルCは調教が軽すぎ

て完調ではなかったのではないかという気がする

ので、今回の調教過程がどう出るかというのも注目

点かと思います。

 

この馬は、坂路57秒程度では普通の馬のキャンター

くらいの負荷にしかならないくらい性能が高いので、

普通の馬なら強過ぎるくらいの調教の方が良いと思っ

ており、まさにそれを実行したのが京成杯でした。

 

このときは、日曜に坂路、水曜に坂路+CWと週に

3本の時計を出す調教を4週間続けました。

調教捜査官こと井内利彰さんからも「強過ぎるの

では?」とコメントされたくらいですが、好結果に

結びつきました。

 

それに対して、毎日杯NHKマイルCの時は、中間に

CWで時計を出したのがそれぞれ一本だけで、今回に

至ってはゼロです。

 

大型馬なので脚元を気にしてということかもしれま

せんが、やはり過去に好走したパターンを踏襲でき

ないというのは減点材料だと思いますし、コーナー

4つの小回りのレースを前にした調教としてもあまり

マッチしていない気がします。

 

今回、この調教で結果が出ないようであれば、CWで

調教ができるようになるまでは我慢が必要、という

ことと解釈します。

 

また、ここで良い結果が出なかった場合、ダート転向

という可能性もあるのではないかと思っています。

フジキセキ×デピュティミニスター系の配合でダート

の活躍馬が多数出ていることもあり、坂路で猛時計を

出せるパワーがありながらも芝では瞬発力不足、

ということであれば意外に嵌るかもと睨んでいます。

 カネヒキリ(父フジキセキ×母父デピュティミニスター)

 サウンドトゥルー(父フレンチデピュティ×母父フジキセキ

 カラフルデイズ(父フジキセキ×母父クロフネ

 ホワイトフーガ(父クロフネ×母父フジキセキ

芯が入れば芝でも十分にやっていけるだけのポテン

シャルのある馬だと思っていますが、ここで結果が

出ないようであれば試してみる価値はありそうです。

 

以上のような点から、このレースの結果は非常に重要

であると感じています。

勿論、本音としては、私の懸念が杞憂に終わって

快勝してくれることを心の底から期待しています!!!