たいちゃんパパの一口馬主日記

社台RH、サンデーR、G1、キャロット、ノルマンディー、ワラウカドで一口馬主に出資。出資馬の出走の記録を中心に、競馬に関する個人的意見を書き連ねていきます。

ラフィアン・ウイン撤退検討

今週は出資馬の出走は無し。

ということで、実はラフィアン・ウインの退会につ

いて真剣に検討しました。

 

ラフィアンについては2004年生まれの世代から入会

しましたので、かれこれ10年以上に渡り出資してき

たので、それなりに愛着もあります。

最初の内は出資馬もよく走ってくれていて、2世代目

マイネルーチェが新潟2歳S2着、オークス6着とな

ったのを筆頭に、2010年頃まではキャッシュフロー

ベースの収支でもプラスを維持していました。

ところが、その後出資馬が全く走らなくなりました。

私の相馬眼が悪いと言ってしまえばそれまでですが、

 

ラフィアン2008〜2014年産の世代別勝ち上がり率

.400→.506→.397→.390→.309→.305→.413

 

↑これを見ると、現3歳世代こそ少し巻き返したもの

の、最近になって勝ち上がり率が低下傾向にあるの

は明らかです。

 

で、この要因は何かと考えると、やはりノーザンF

の勢力拡大という結論に行き着きます。

 

シルク2008〜2015年産の世代別勝ち上がり率

.373→.304→.275→.610→.474→.579→.565

 

ノーザンFがシルクに募集馬を提供し始めた2011年

産世代以降、その躍進に押されるようにラフィアン

の衰退が始まっています。

 

巷では、成績低下はラフィアン自身の問題という声

も強いですし、確かにそれもあるかと思いますが、

ノーザンFがさらに力をつけてきて、それに追いつけ

ていないと言った方が正しいような気がします。

 

そんなことを改めて実感したのが、現2歳のクラブ

別成績を眺めていたときでした。

 

現2歳クラブ別勝ち上がり率(勝ち馬数/出走頭数)

サンデー   .436(24/55)

シルク    .400(20/50)

キャロット  .429(21/49)

ラフィアン  .196(11/56)

ウイン    .071( 2/28)

ノルマンディー .000( 0/13)

 

今さら改めて言うことではないのですが、特に最近

のノーザンFはこれまでにも増して育成力が上がっ

ているように思えてなりません。

例えば、最近デビュー戦を迎えるような馬というの

は良血でも育成の段階で一頓挫あった馬や体質の弱

い馬も多いと思うのですが、ノーザンF系クラブは

そんな馬でもキッチリと軒並み勝ち上がっています。

 

以前、キャロットの今年の募集馬について、脚元に

リスクのありそうな馬が多いように思う、と書きま

したが、今のノーザンFであれば、そういう馬でも

脚元を持たせられるという自信があるから募集して

いるのかもしれない、とすら思えてきました。

 

そんなことを考えていると、プラチナムバレットに

出資させてもらっているノルマンディーはともかく、

ラフィアン・ウインで出資を続けていくのは非常に

厳しいという結論に至り、現役馬が引退した段階で

退会することを決意しました。

(ノルマンディーも、現2歳は育成の失敗と明言して

いるようですが、それだけの単純な問題ではなく、

ノーザンFとの育成力の差は開く一方だと思っている

ので、出資額は減らし、場合によっては撤退をも視野

に入れていく必要があると考えています)

 

一方で、社台グループばかりでは面白くない、という

思いは今でも強く持ち続けていますので、その役目は

ノルマンディーと、それに加えて、もう一つ新たに入

会検討中のクラブに託したいと思っています。