たいちゃんパパの一口馬主日記

社台RH、サンデーR、G1、キャロット、ノルマンディー、ワラウカドで一口馬主に出資。出資馬の出走の記録を中心に、競馬に関する個人的意見を書き連ねていきます。

2018年度募集馬リスト〜社台グループ

今週は出資馬の出走は無し。

ということで、社台・サンデー・G1の募集予定リスト

から検討を開始しました。

 

今年の特徴、それは自家生産種牡馬の産駒を積極的に

リストアップしていることではないかと思います。

エピファネイアくらいなら驚くことはないのですが、

グランデッツァサンカルロヴァンセンヌまで名前

があったのは意外でした。

特にサンデーはオルフェ5頭、ルーラー8頭、ドリジャ

2頭など、クラブOB種牡馬の産駒が実に20頭、キャロ

の「Our Blood」を彷彿とさせるような状況になって

きています。

 

ノーザンF産であれば、ディープは手が出ないほど高

額、キンカメ、ハーツ、カナロアは実績競争必至でしょ

うから、マイナー種牡馬狙いという戦略もあり得るかと

思うのですが、正直ちょっと狙いにくい種牡馬が多い

(高実績の父出資者が複数頭獲りを狙ってくるという

意味でも)ですよね・・・。

 

まあ、これくらいのマイナー種牡馬の産駒でも走らせ

られる、というノーザンFの強い自信の表れなのかも

しれませんが、個人的には選択肢が狭まるので、率直

に厳しい状況であると感じています。

 

今年は社台・サンデーは過去4年実績が240ということ

で、低価格帯(一口60万程度まで)の馬であれば、

ノーザンF産馬でも抽選枠に入れる可能性も高いだろう

と楽観視していましたが、予断を許さないですね。

慎重に検討を重ねたいと思います。