たいちゃんパパの一口馬主日記

社台RH、サンデーR、G1、キャロット、ノルマンディー、ワラウカドで一口馬主に出資。出資馬の出走の記録を中心に、競馬に関する個人的意見を書き連ねていきます。

応募完了

社台グループ3クラブの応募期間が終了しました。

まさに祭りの後、という感じですね。

それでは、忘れないうちに、検討の最終候補に残った

4頭について触れておきたいと思います。

 

まず、第1希望で応募したのは、

77. エヴァディングタンペットの17

f:id:taichan-papa:20180621002854j:plain

これは何と言っても後躯に注目ですね。

写真では上手く撮れませんでしたが、トモから太腿、

飛節にかけてほぼ減点要素のない完璧なつくりです。

 

以下は、馴染みの関係者との会話@ノーザンF。

関「社台Fにも凄いのがいますよ。」

私「わかります。当てましょうか?77番でしょ?」

関「さすが、よくわかりましたね!」

私「私でもわかるくらい、完璧なつくりの後駆をして

  いるじゃないですか。」

関「まさにそう。この後躯は完全にジャスタウェイ

  コピーです」

私「父の代表産駒になるかもですね」

関「そう思います。遂に出たな、ってレベルです」

 

DVDで見ると少し柔軟性が足りないかなとも感じたの

ですが、ツアーで歩かせると後肢が前肢にぶつかって

躓きそうになるくらいの深い踏み込みを見せていたの

で、全く懸念はなくなりました。

あとは、社台Fの育成と池添学厩舎がどうかですが、

「社台Fでやっても天皇賞(秋)くらい勝ってしまい

そう」「(厩舎は)ノーザンFのプレッシャーが凄い

が、今までは大した馬が入っていなかった。ヴィルジ

ニアの使い方を見ていれば心配はいらない」との力強

いコメントもあり、自信をもって応募しました。

幸い、第1希望で抽選にはなりそうもないので、ほぼ

出資確定と言って良いでしょう。 

 

続いて、第2希望で応募したのは、

153. タンザナイトの17

f:id:taichan-papa:20180621003128j:plain

これはカタログの時点ではあまりピンと来ていなかっ

たのですが、DVDで「おっ」と思い、実馬を見てさら

に評価が高まった一頭です。

こちらも前出の関係者に意見を聞いたところ、

「いかにもこの血統の走る馬で、正直見飽きた。

 どうせ走る。ただ、桜花賞というタイプではない

 かもしれない」

だそうです。

ツアーから帰ってきてからは、ラブラドライトとダン

ビュライトという2頭の兄の、募集時のDVDを掘り出

してきてじっくりと比較しましたが、この馬が一番、

柔らかくバネもあって良いと思いました。

これは今年のキンカメ産駒全体に言えることなのです

が、晩年に入って自身の特性を伝える部分が薄くなっ

てきたのか、母系の特徴が前面に出ていますね。

母父サンデーですから、ここが素直に出れば兄2頭を

超える活躍も十分期待できるでしょう。

 

問題は厩舎ですが、長期休養で音無厩舎から放出され

ラブラドライトを復活させた実績は見事ですし、

そもそも調整はしがらきメインでしょうから、気にし

なくて良いだろうと判断しました。

 

この仔まで取れたら完全に予算オーバーなんですが、

ここまで人気が無いとは全くもって想定外で、これ

だけの馬を第2希望で取れるチャンスはそうそう無い

だろうと思い、攻めの「2頭希望」としました。

 

以下、第2希望候補としていたものの、人気的に難し

そうだったので断念した2頭です。

 

174. コナブリュワーズの17

f:id:taichan-papa:20180621003455j:plain

思っていたよりもだいぶ人気を集めましたが、確実に

走ってきそうな馬ですね。サンデー3×4が吉と出れば

爆発力もありそうで、価格以上に楽しめそうです。

 

また、管理する高橋義忠厩舎も強調材料ですね。

2011年の開業以来、6頭で重賞11勝を挙げています

が、これはほぼ同時期に開業した木村厩舎が4頭で

6勝、高野厩舎が5頭で8勝であるのと比べればその

凄さがおわかりかと思います。

この2厩舎は言わずと知れたノーザンF御用達の厩舎で

あるのに対して、高橋忠厩舎の重賞勝ち馬の中に

ノーザンF生産馬はなんと1頭だけ。それも、

 キングヘイロー産駒のシャトーブランシュ

であり、他の重賞勝ち馬も、

 アドマイヤムーン産駒のファインニードル

 カネヒキリ産駒のディオスコリダー

 アドマイヤボス産駒のクリノスターオー

 アグネスデジタル産駒のメイショウスザンナ

と驚異的に地味な血統のオンパレードですから、

いかに厩舎力が高いかは想像に難くありません。

さらに、これに加えて評価しているのが、ホームペー

ジでの情報開示です。

一口クラブのHPと比較しても遜色ない内容の情報を

すべての所属馬について開示するその姿勢は、やはり

証券アナリストという立場上(?)高く評価します。

 

161. プンタステラの17

f:id:taichan-papa:20180621003756j:plain

これも良い馬でしたね。

馬体はそんなに見映えはしないのですが、とにかく

柔らかい歩様で、その中に収縮力も感じます。

それほど人気はしないだろうから第2希望でも余裕と

考えていたのですが、後半になって徐々に票を集めて

きたので断念(153.を選択)しました。

 

ということで、勢いで予算無視の申込をしてしまいま

したが、果たしてどうなるでしょう?

来週の金曜日が楽しみでもあり怖くもあります。