たいちゃんパパの一口馬主日記

社台RH、サンデーR、G1、キャロット、ノルマンディー、ワラウカドで一口馬主に出資。出資馬の出走の記録を中心に、競馬に関する個人的意見を書き連ねていきます。

注目の新馬が続々デビュー

●週末に出走した2頭は、ともに10着という結果。

ゴルトキルシェは次がラストチャンスでしょうか。

一応、いろいろな条件を試してこの状況ですから、

まあ納得するしかないでしょう。

ミラビリアは先行馬壊滅の流れだったので、仕方ない

ですね。まだ非力な面もあるので、少し湿った脚抜き

の良い馬場が良さそうです。

 

●また、注目の新馬がデビューを迎えています。

まずは土曜日、ビッグレッド期待のアルママ

これは…毎年お馴染みの流れになりそうですね。

そこまで気の悪さを見せていたわけでもなく、無難な

レースをして力通りに完敗した、という印象です。

ラフィアンもウインも現3歳世代の勝ち上がり率は

2割台に低迷していますし、得意だった2歳戦のスター

ダッシュも完全にノーザンFにお株を奪われた状態。

何かを劇的に変えないと、どうにもならなくなるかも

しれません。

 

●勝ったレーヴドカナロアですが、この一族は何しろ

使えるレース数が限られるので、脚元がどこまで持つ

かが勝負でしょう。

 

●また、日曜日は昨年キャロで高評価したクラージュ

ゲリエがデビュー勝ち。当時からケチの付けようのな

い馬格をしていただけに、瞬発力だけが課題かと思っ

ていたので、強烈な勝ちっぷりには少しビックリ。

募集時から予想以上に人気していたこともあり、出資

はしていませんが、POGでは十分に楽しませてもらえ

そうで何よりです。

 

●一方、人気を分けたシェーングランツは5着。

社台の中ではかなり育成も進んでいたはずですが、

それを考えると物足りない内容でした。

募集時の評価(72点)からすると、クラージュゲリエ

(81点)の方がだいぶ上位でしたので、そういう意味

ではまあ順当なのかもしれませんが、社台ももう少し

頑張って欲しいなあと思います。