たいちゃんパパの一口馬主日記

社台RH、サンデーR、キャロット、ラフィアン、ウイン、ノルマンディー、そして今年からG1で一口馬主に出資。募集馬の個人的な評価を備忘的に書き残すとともに、出資馬の一喜一憂などを書き連ねていきます。

カタログをみて悩む日々・・・

カタログが発表になってから、暇さえあればpdfを見返していました。

ホント、この時期が一番楽しいですね。

 

静止画についてはカタログ写真も参考にはしますが、動画やツアーでの印象によっても大きく評価が変わるため、あまり細かい評価の記載は避けますが・・・

 

ノーザンファーム生産のG1の馬が粒揃い

②意外にも、短距離向きの馬のレベルが高い

 

という印象を持ちました。

①については、一部の掲示板等でトップモーションの16が評判になっているようですがそれではなくて、

 

 シルバーチャリスの16

 ミリオンウィッシーズの16

 ファーゴの16

 

といった辺りがかなり良く見えます。これにはノーザンファームの政治的思惑もあるものと思料しますが、それはまたの機会で。

②については、ロードカナロアの貢献も大きいのですが、

 

 ダークサファイアの16

 ファーゴの16

 ミッドタウンレディの16

 

など、例年以上に駒が豊富だと思います。ちなみに、ロードカナロア産駒の距離適性について、「中距離までなら持つ」という主張も目にしますが、そのカテゴリーで戦うには「柔」の要素が足りないので、変に欲を出さずにマイル以下で勝負すべきだし、そこに特化した配合を志向すべきと考えています。

 

・・・さて、どうしよう。

 

あと数日でDVDも届きますし、締め切りまで思いっきり悩みたいと思います。