たいちゃんパパの一口馬主日記

社台RH、サンデーR、G1、キャロット、ノルマンディー、ワラウカドで一口馬主に出資。出資馬の出走の記録を中心に、競馬に関する個人的意見を書き連ねていきます。

暗い一週間

●少し間が空きましたが、先週の競馬は散々でした。

お陰でタイトル通りの状況です。

出走した出資馬4頭の内、最も(全く)期待していな

かったミラビリアの4着が最高着順とは…。

これは唯一の嬉しい誤算でしたが、まだ状態は本物で

はないようなので、叩いての更なる良化に期待です。

 

ブランメジェールは13着。芝の道悪は合わないよう

な気がしていたので、これは仕方ないですね。

スピードの生かせるパンパン馬場なら違うと思います

ので、これに懲りずに、出来れば芝で続戦してもらい

たいものです。(繰り返しますが、直千を希望!)

 

デスティニーソングは5着。鮫島駿J、年末のレノヴ

ァールのレースと全く同じ騎乗に見えましたね。

レース運びが受け身過ぎるのではないでしょうか?

こんな騎乗を何度もやっているようでは、いつまで

たっても信頼は得られないと思うんですが…。

 

●そして、七夕賞ラチナムバレット競走中止

命にかかわる事故になってもおかしくなかったので、

人馬とも無事なようであるのがまずは何よりです。

岩崎翼Jに戒告+罰金という制裁が出ていますが、こ

れは正直、ジョッキーは可哀想だったと思います。

絶対に勝たなければというプレッシャーはありつつ

も、馬の状態がイマイチという状況で、少しのミス

も許されないと思っていたのではないでしょうかね。

普通の精神状態であれば、前の馬との距離感が測れ

ないほど下手ではないと思っていますから。

しかし、バレット君の精神面が不安ですね。果たし

て元に戻せるかどうか・・・京都新聞杯前のローテー

ションといい、骨折から復帰までの過程といい、

復帰後に満足な状態に仕上げられない厩舎といい、

本当に人に恵まれていないのが残念でなりません。

この異常な現状を考えると、環境を変えるのも選択肢

のひとつかと思います。

 

●と残念な話題ばかりでしたが、昨日の笠松の交流競

走でラヴノットが初勝利。これで、この世代のノル

マンディー出資馬は4頭中3頭が勝ち上がりとなりまし

た(2頭は地方交流ですけど)。

確率的には悪くないんですし、楽しませてもらっては

いますが、やっぱりバレットの状況を見ていると新た

な出資の意欲は湧きませんね。

 

●今週は出資馬の出走は無し。時間があれば、2歳出資

馬の近況でもまとめてみましょうかね。