たいちゃんパパの一口馬主日記

社台RH、サンデーR、キャロット、ラフィアン、ウイン、ノルマンディー、そして今年からG1で一口馬主に出資。募集馬の個人的な評価を備忘的に書き残すとともに、出資馬の一喜一憂などを書き連ねていきます。

今週の結果(2017/10/15)

レノヴァール

2歳未勝利 鮫島駿騎手 13頭/1着

レノ君が今年の2歳勢の初勝利を飾ってくれました!

 

デビュー戦では見れなかったパドック映像もGC

見ることができました。

牧場にいた頃は線の細い印象が強かったのですが、

だいぶガッチリしてきたように思いました。

ただ、胴伸びがある馬体は変わっておらず、もっと長

い距離のスタミナ比べに適性がありそうでしたので、

今回勝ちきれるかどうかは自信がありませんでした。

 

レース内容については、好位から直線入り口で先頭を

射程に入れ、そこからねじ伏せる強い内容ですが、

正直、メンバーレベルもそれほど高くなかったので、

そこまで評価できるものとは思いませんが、何より勝

ち上がったことが大きいです。

 

ここから大きな成長が期待できるハーツクライ産駒

ですし、パドックでも贔屓目抜きに一番スケールの

ありそうな馬体をしていましたから、今後のますます

の活躍を楽しみにしています!

 

通算成績

606戦(54・61・51・440)

勝率.089 連対率.190 複勝率.274

ラフカディオ、初時計

10月6日に美浦・矢野英一厩舎に入厩したラフカディオ

10月12日に(おそらく)初時計を出したようですが、

 美・坂路 54.6 - 40.1 - 25.7 - 12.6 馬なり

というもので、今後が非常に楽しみになりました。

 

ハロン毎に分解すると、

 14.5 - 14.4 - 13.1 - 12.6

という綺麗な加速ラップを踏めていますし、矢野先生曰く、

「平和主義の性格でノンビリ屋さん」で奥行きもありそう

ですから、追う毎にまだまだ良化しそうです。

 

今年は2歳馬のスタートダッシュが不調なノルマンディー

ですが、クラブを牽引するような活躍を期待したいです。

出走予定(2017/10/15)

レノヴァール

10/15(日) 2歳未勝利 新潟/芝2000 鮫島駿騎手

デビュー戦でまずまずの走りを見せてくれたレノ君、

新潟で2戦目のレースを迎えます。

前走を見る限り、立ち回りは上手いものの追ってか

らの切れが今イチという印象を受けたので、新潟内

回りの2000m戦というのは良い条件に思います。

中間の追い切りからは大きな良化は感じられません

が、前進を見せてもらいたいところです。

 

今週の結果(2017/10/08・09)

ひとつは勝てるかと思っていたのですが、そんなに

甘くはありませんでした・・・。

 

フリージングレイン

3歳上500万下 内田博騎手 8頭/3着

一番恐れていた展開になってしまいましたね。

やはり東京でのスローの上がり勝負では苦しいです。

ジョッキーコメントでは早めに抜け出すと気を抜くと

いうことですが、中山2200での未勝利2戦の内容から

は先頭に立つポイント次第だと思っていますし、そも

そも気を抜かせないということを内田Jには期待して

いたわけで・・・。

まあ、今回は舞台設定への適性が無かったということ

で割り切れますし、次走は、10/28岩船特別(新潟/

芝2200)とのことですので、改めて期待したいです。

 

ゴルトキルシェ

2歳新馬 デムーロ騎手 16頭/2着

勝ち馬にクビ差の2着という結果だけを見れば大満足

なのですが、完全に勝ちパターンだったことと、時計

が物足りないことで、レース後は少しガッカリしてい

ました。

ただ、ミルコのコメントによると、一頭になるとフワ

フワするということで、最後は止まったというよりも

走るのをやめてしまったようで、それなら仕方ないと

思い直しました。

スッとハナに行けるほどのダッシュ力があるというの

は少し意外でした(他に行く馬がいなかったのが不運

でもありました)し、パドックでは力強い歩様を見せ

ていましたし、そもそも帰厩後の調教時計も4本しか

出していませんし、使っての上積みに期待したいです。

 

フェイムゲーム

京都大賞典 ルメール騎手 15頭/10着

今日は走る気が無かったとのコメントで・・・それな

らもう諦めるしかないですね(笑)。

ルメールJも前目のポジションを取ろうという意思は示

しれくれたと思うのですが、いかんせん押しても進んで

行かない感じでしたからね。

まあ、でもここはあくまで叩き台ですからね。ダメージ

が無さそうなのは何よりですし、問題は次走どこを選択

するかではないでしょうか。

ジャパンCステイヤーズS有馬記念の3択だと思うの

ですが、個人的にはやはりステイヤーズSですかね。

豪州遠征を断念したアルバートが出てくる可能性はある

でしょうが、3000m超の別定G2というのはやはり賞金

的に魅力ですから。

有馬記念という選択肢も無い訳ではありませんが、相手

関係と騎手次第でしょうかね。

 

3頭とも、次走に改めて期待したいです!

 

605戦(53・61・51・440)

勝率.088 連対率.188 複勝率.273

出走予定(2017/10/08・09)

土曜の競馬は終わっていますが、日曜・月曜と楽しみ

な3頭が出走します。

 

フリージングレイン

10/8(日) 3歳上500万下 東京/芝2400 内田博騎手

前走、休み明け・格上げ初戦で見どころのあるレース

を見せてくれたレイン君、レース間隔を十分に空けて

順当に良化しているようですので、ここは勝ち負けを

期待しています。

東京開幕週の少頭数というのはレイン君の器用さを

生かす舞台としては今イチのような気もしますが、

逆にここで好走できれば先々がますます楽しみになり

ます。

 

ゴルトキルシェ

10/9(祝) 2歳新馬 京都/芝1600 デムーロ騎手

現2歳の出資馬の中でも最も期待しているゴルト嬢が

待望のデビュー戦を迎えます。

再入厩してからの追い切り本数は少ないものの、

ゴールドドリームカレンミロティックといった厩舎

の看板馬をアオるほどの併せ馬をしていますし、出走

態勢は整ったと思います。

良血馬も多いメンバー構成ですが、先々が楽しみにな

るような走りを見せてもらいたいです。

 

フェイムゲーム

10/9(祝) 京都大賞典 京都/芝2400 ルメール騎手

目黒記念以来のレースとなるフェイム君ですが、中間

も順調に調整でき、ルメール騎手を確保しているので

すから当然好走を期待したいところです。

京都競馬場はあまり向くイメージは無いのですが、

少し緩めの馬場状態はプラスに働きそうですね。

ただ、ここで好走できなかったとしても、この後には

ステイヤーズSというより適性に合った舞台があります

から、あまり肩の力を入れずに応援したいです。

 

3頭とも、まずは無事に走ってきてください!

 

ノルマンディー募集検討

写真を見た時点では期待が膨らんでいたノルマンディー

の募集ですが、動画を確認したところ、正直ガッカリ

したというのが本音です。

 

写真ではよく見えても、硬かったりバネを感じなかった

りで、結局、出資候補に残ったのは1頭だけでした。

 80 イズミコマンダーの16(キンシャサノキセキ

惜しくも次点だったのが、

 79 ジョウノファミリーの16(ブラックタイド

また、全体のスコアは低いので出資候補とはしませんで

したが、動き自体には魅力を感じた馬としては、

 77 テネシーワルツの16(アドマイヤムーン

 77 フォーミーの16(スウェプトオーヴァーボード

といったところでしょうか。

 

ノルマンディーももはや人気クラブですからね・・・。

様子見というのもできないでしょうから、とりあえず

イズミコマンダーの16に少しだけ唾を付けておこう

か、と考えています。

ラフィアン・ウイン2次募集

ラフィアンとウインの2次募集カタログとDVDが

届きました。

早速、ひと通り確認したところ、

 パシフィックベルの16(ゴールドアリュール

が素晴らしい出来でしたね。

スコアは82で唯一の出資候補評価、次位の

 シャイニングアイズの16(カネヒキリ

が77ですので、断トツのトップ評価でした。

 

馬体はダート馬の重厚さがありつつ、動画では

柔らかさも十分に感じられますので、スピード

とパワーのバランスが取れたスケールの大きな

競走馬になるのではないかと想像しています。

 

ラフィアン・ウインについては、現役馬がいなく

なった時点で退会予定だったのですが、この馬に

は賭けてみる価値がありそうで悩みます・・・。

 

そろそろノルマンディーも動画が公表されますの

で、そちらとの兼ね合いでどうするか決めます。

ノルマンディーも写真を見る限りでは現2歳世代

よりも粒揃いとの印象ですので、よく吟味する

必要がありそうです。