たいちゃんパパの一口馬主日記

社台RH、サンデーR、キャロット、ラフィアン、ウイン、ノルマンディー、そして今年からG1で一口馬主に出資。募集馬の個人的な評価を備忘的に書き残すとともに、出資馬の一喜一憂などを書き連ねていきます。

ラフィアン・ウイン撤退検討

今週は出資馬の出走は無し。

ということで、実はラフィアン・ウインの退会につ

いて真剣に検討しました。

 

ラフィアンについては2004年生まれの世代から入会

しましたので、かれこれ10年以上に渡り出資してき

たので、それなりに愛着もあります。

最初の内は出資馬もよく走ってくれていて、2世代目

マイネルーチェが新潟2歳S2着、オークス6着とな

ったのを筆頭に、2010年頃まではキャッシュフロー

ベースの収支でもプラスを維持していました。

ところが、その後出資馬が全く走らなくなりました。

私の相馬眼が悪いと言ってしまえばそれまでですが、

 

ラフィアン2008〜2014年産の世代別勝ち上がり率

.400→.506→.397→.390→.309→.305→.413

 

↑これを見ると、現3歳世代こそ少し巻き返したもの

の、最近になって勝ち上がり率が低下傾向にあるの

は明らかです。

 

で、この要因は何かと考えると、やはりノーザンF

の勢力拡大という結論に行き着きます。

 

シルク2008〜2015年産の世代別勝ち上がり率

.373→.304→.275→.610→.474→.579→.565

 

ノーザンFがシルクに募集馬を提供し始めた2011年

産世代以降、その躍進に押されるようにラフィアン

の衰退が始まっています。

 

巷では、成績低下はラフィアン自身の問題という声

も強いですし、確かにそれもあるかと思いますが、

ノーザンFがさらに力をつけてきて、それに追いつけ

ていないと言った方が正しいような気がします。

 

そんなことを改めて実感したのが、現2歳のクラブ

別成績を眺めていたときでした。

 

現2歳クラブ別勝ち上がり率(勝ち馬数/出走頭数)

サンデー   .436(24/55)

シルク    .400(20/50)

キャロット  .429(21/49)

ラフィアン  .196(11/56)

ウイン    .071( 2/28)

ノルマンディー .000( 0/13)

 

今さら改めて言うことではないのですが、特に最近

のノーザンFはこれまでにも増して育成力が上がっ

ているように思えてなりません。

例えば、最近デビュー戦を迎えるような馬というの

は良血でも育成の段階で一頓挫あった馬や体質の弱

い馬も多いと思うのですが、ノーザンF系クラブは

そんな馬でもキッチリと軒並み勝ち上がっています。

 

以前、キャロットの今年の募集馬について、脚元に

リスクのありそうな馬が多いように思う、と書きま

したが、今のノーザンFであれば、そういう馬でも

脚元を持たせられるという自信があるから募集して

いるのかもしれない、とすら思えてきました。

 

そんなことを考えていると、プラチナムバレットに

出資させてもらっているノルマンディーはともかく、

ラフィアン・ウインで出資を続けていくのは非常に

厳しいという結論に至り、現役馬が引退した段階で

退会することを決意しました。

(ノルマンディーも、現2歳は育成の失敗と明言して

いるようですが、それだけの単純な問題ではなく、

ノーザンFとの育成力の差は開く一方だと思っている

ので、出資額は減らし、場合によっては撤退をも視野

に入れていく必要があると考えています)

 

一方で、社台グループばかりでは面白くない、という

思いは今でも強く持ち続けていますので、その役目は

ノルマンディーと、それに加えて、もう一つ新たに入

会検討中のクラブに託したいと思っています。

ステイヤーズS、残念!

フェイムゲーム

ステイヤーズS ボウマン騎手 10頭/2着

正直、馬体重を見た段階で、「あ、これはダメだ」と

思いましたが、そうした中、馬は本当に良く頑張って

くれたと思います。

ただ、鞍上は・・・これなら丸田騎手にお願いした方

がまだマシだったでしょうね。

一週前追い切りに騎乗した丸田騎手が「まだ緩いけど

いい感じ」というコメントを残していたので、それも

踏まえてのその後の調整、最終追い切りだったのだと

信じていたのですが、こんなに太めが残るとは・・。

最終追い切りに外国人騎手を乗せた際によくあるパタ

ーン(特にミルコ)ではあるのですが、想定よりも軽

めになってしまったのでしょうね。こんなにコミュニ

ケーションが取れないのなら、日本語が通じる騎手に

最終追い切りからお願いしたら良かったのに・・・。

パドックでも珍しく首を高く上げて周囲を見渡す素振

りを見せ、集中力を欠いていましたし(これは久々の

中山だったためかもしれませんが)、デキとしては7

分程度かな、というのが個人的な見立てでした。

また、レースの内容も、無難には乗ってくれたと思い

ますが、それ以上のものは無かったですし、あれだけ

引っ掛かっておきながら「ブリンカーを付けた方が良

かった」というのも意味不明なので、日頃から調教に

乗ってくれている丸田騎手の方が上手く御せた可能性

が高いと思います。

とまあ、鞍上についてはフラストレーションの溜まる

結果でしたが、4コーナーを抜群の手応えで上がって

いったところなど、まだまだ健在であることは示して

くれたので、次回、キッチリ仕上げた姿での出走を楽

しみに待ちたいと思います。

 

ラフカディオ

2歳未勝利 浜中騎手 16頭/6着

前走から8キロ減の馬体重でしたが、まだ太いように

見えました。

やはりソエで調教を加減しているからでしょうかね。

この時期のこの条件の未勝利で1.4秒も離されるとい

うのはちょっと先行きが不安ではありますが、まずは

ビッシリ追えるようになるまで待つしかなさそうです。

 

ブランメジェール

3歳上500万下 三浦騎手 16頭/6着

スムーズなレース運びは出来たと思うのですが、その

割には追って伸びず。三浦騎手からは上に抜けるよう

な走りと評されていましたが、怪我の後遺症で全力で

走れないということでなければ良いのですが・・・。

何もなければ、叩いた上積みで次走は前進が期待でき

そうではあります。

今週の出走予定(2017/12/02・03)

今週は何と言ってもステイヤーズSがありますので、

応援に力も入ります。

 

フェイムゲーム

12/2(土)  ステイヤーズS  中山/芝3600  ボウマン騎手

10頭という少頭数、強敵もアルバートくらい、という

ことで、もしこれで着外だったらかなり凹みますね。

それくらい自信の一鞍です。

アルバート断然というような声もあり、前売り人気で

は離れた2番人気ですが・・・個人的には能力を出し

切れればこの条件でアルバートに負けることはまず無

いだろうくらいに思っています(強気)。

アルバートは昨年のこのレースではファタモルガーナ

相手に辛勝(クビ差)で近走からは少し衰えも感じま

すし、過去の対戦成績が3戦3敗なのもそれぞれ明確な

敗因があり(ボウマンの超大外ぶん回し、去勢空け初

戦&ハンデ差、北村宏降板となる判断ミス)、この条

件に対する適性ではフェイムの方が間違いなく上では

ないでしょうかね(東京向きとの声もありますが、切

れる脚が無いのに東京向きなわけがない・・・)。

また、今回は、この距離のレースにしては珍しいくら

いに、先行したい馬が揃っており(プロレタリアト、

グランアルマダ、シルクドリーマー)、断然人気のア

ルバートは早めにこの先行馬たちを捕まえにいく競馬

を強いられる可能性もあるように思います。

 

もちろんフェイム君は気分屋なので走る気がないとい

う可能性もありますし、この期に及んでは無事に走り

きってくれさえすれば満足ではありますが、ボウマン

騎手が冷静にペース判断さえしてくれれば・・・。

口取りも申し込んだことですし、中山競馬場で精一杯

応援してきます!

 

ラフカディオ

12/3(日) 2歳未勝利 阪神/ダ1200 浜中騎手

前走では、ラストで脚が止まってしまいましたが、

今回は距離を短縮しての一戦となります。

喉やソエの具合なども気になるところではあるので、

それほど自信があるわけではありませんが、少しで

も前進を見せてもらいたいですね。

 

ブランメジェール

12/3(日) 3歳上500万下 中山/ダ1200 三浦騎手

一頓挫あって間隔が空きましたが、もともと気性的に

仕上がりは早いタイプでしょうから、初戦から力は出

せるものと思います。

このクラスで足踏みして欲しくない馬ですし、願わく

は、休養前から成長した姿を見せてもらいたいのです

が、師が持ち時計のある馬が揃ったことを気にしてい

るのは少し気がかりです。

今週の結果(2017/11/25・26)

ウインソリティア

2歳未勝利 松岡騎手 18頭/17着

厳しい結果ですね・・・。

鞍上は距離を短くすれば、と言ってくれている

ようですが、正直、現状ではそれでも厳しいの

ではないでしょうか。

今回の結果からすると、育成段階での乗り込み

量不足によるところが大きいように思いますの

で、もう一度中身を作り直すつもりで乗り込ん

でいかないと勝ち上がりは難しそうです。

 

フリージングレイン

3歳上500万下 内田騎手 15頭/3着

こちらは頑張ってくれました。

1000万下でも通用すると思われる上位2頭に次

ぐ着順ですので、力のあるところを見せてくれ

たと思います。

レース後のコメントで、左に張るようなところ

があったというのは少し気になります(パトロ

ールを見る限りでは、それほどひどいものでは

ないように思いましたが)が、いずれにしても

もう少し成長を待てばさらに良くなりそうな気

配も感じますので、まずはゆっくり休んでもら

えればと思います。

 

レプランシュ

オリエンタル賞 戸崎騎手 17頭/9着

実は今週、一番期待していたのがこの馬の復活

だったのですが、期待外れな結果となってしま

いました。

馬が本気で走ることを拒んでいるようにも思い

ましたので、その点ではレントラーと同じ臭い

を感じます・・・(苦笑)

とは言え、レース前の陣営のコメント通り、馬

体重は増えていましたし(成長分を考えればも

っと増えてもいいくらいでしょう)、今回は長

期休養明けでもありますので、叩いての変わり

身は期待できるかもしれません。そこに一縷の

望みを託します。

今週の出走予定(2017/11/25・26)

ウインソリティア

11/25(土) 2歳未勝利 東京/芝1800 松岡騎手

前走チグハグなレースとなったソリティアの2戦目、

距離短縮で変わり身を見せてもらいたいところです。

ただ、中間の調教からはそれほど上積みは感じられ

ませんので、あまり大きな期待はせずに観戦したい

と思います。

 

フリージングレイン

11/25(土) 3歳上500万下 東京/芝2400 内田騎手

ここ2戦、不完全燃焼のレースが続いているレイン君

ですが、今回は条件が好転しそうな気がします。

最終週で荒れ気味の馬場、外めの偶数枠、人気落ち

で気楽に乗れるのもいいでしょう。

あとは、この距離のレースにしては15頭立てと頭数

が揃いましたので、ペースが緩まずに流れてくれれば

巻き返しのチャンスはあるはず。

この秋のG1で3勝と好調な父(ハービンジャー)の

勢いにあやかりたいものです。

 

レプランシュ

11/26(日) オリエンタル賞 東京/芝1800 戸崎騎手

長期休養からの復帰後、物足りないレースが続いている

レプランシュですが、今回は陣営から『ようやく内蔵面

がしっかりしてきた』という嬉しいコメントが。

(そもそも、今まで内蔵面の状態が今イチのままだった

んですね・・・)

前走内容と57キロのトップハンデからは強気になれま

せんが、何とか復活の狼煙を上げてもらいたいですね。

先週の結果(2017/11/18)

先週の回顧ができていませんでしたので、今更ながら。

 

ウインティアラ

フルーツラインC 藤田菜騎手 16頭/9着

初距離ということを考えればよく頑張ったと思います

し、藤田菜Jもソツなく乗ってくれましたが、やはり

このクラスでは力不足なのでしょうか・・・。

そう考えると、もっとインでの立ち回りに拘った乗り

方をしても良かったのかもしれません。

クラブ近況によると次走がラストランの可能性あり、

とのこと。

ティアラが引退するまでに、ラフィアン・ウインから

撤退するか否か、考えておかなければ。。。

 

今週の出走予定(2017/11/18)

今週は1頭のみですね。

 

ウインティアラ

11/18(土) フルーツラインC 福島/芝2600 藤田菜騎手

昇級してから結果が出ていないティアラですが、前々走

エリザベス女王杯でも2着好走したクロコスミアが強

過ぎ、前走は仕上げに失敗(18キロ増)、ということで

一応、言い訳のつく内容でした。

今回もハヤブサライデン、キークラッカー、サンデー

ムーティエと逃げ馬は揃っていますが、内枠を引けた

こともありますし、藤田菜Jには強気なレース運びを

期待します。