たいちゃんパパの一口馬主日記

社台RH、サンデーR、キャロット、ラフィアン、ウイン、ノルマンディー、そして今年からG1で一口馬主に出資。募集馬の個人的な評価を備忘的に書き残すとともに、出資馬の一喜一憂などを書き連ねていきます。

今週の出走予定(2017/11/18)

今週は1頭のみですね。

 

ウインティアラ

11/18(土) フルーツラインC 福島/芝2600 藤田菜騎手

昇級してから結果が出ていないティアラですが、前々走は

エリザベス女王杯でも2着好走したクロコスミアが強過ぎ、

前走は仕上げに失敗(18キロ増)、ということで一応、

言い訳のつく内容でした。

今回もハヤブサライデン、キークラッカー、サンデームー

ティエと逃げ馬は揃っていますが、内枠を引けたこともあ

りますし、藤田菜Jには強気なレース運びを期待します。

 

今週の結果(2017/11/11)

2頭とも残念な結果となりました・・・。

 

ウインソリティア

2歳新馬 Cデムーロ騎手 11頭/10着

敗因として、距離が長かったというのはあるで

しょう。また、4F目、12.7秒のラップのところ

でペースアップした判断も賢明だったとは言え

ません。

しかし、今のコスモビューFの育成では瞬発力

のある馬は育たないので、前々で競馬するしか

ないのは間違いないと思っており、今回の止ま

り方は少し残念でしたね。

次回、距離短縮することになるとは思うのです

が、そこでどんなレースができるかが早くも試

金石になりそうな気がします。

 

ラフカディオ

2歳新馬 戸崎騎手 14頭/6着

こちらも中身が伴っていなかったのでしょう。

ラスト1Fは完全に止まっていて、そこだけで上

位2頭に2秒くらい離されていましたね。

大型馬で叩いた上積みもありそうですし、まだ

諦めるわけではないものの、ミラビリア、ウイ

ソリティア、本馬と全く同じようなレース振り

(ラスト1Fで失速)が続いているのは気になる

ところです。

 

 

以下余談ですが、ウイン、ノルマンディーはとも

に今年の2歳勢が絶不調ですが、これは偶然では

なく必然かもしれないと思っています。

 

ノーザンFとの実力差が開きつつあるのは当然と

して、吉澤ステーブル、シュウジデイFといった

育成専門牧場にも劣位しているのかもしれない、

とまで思っています。

 

ノーザンFのような毎年のようにG1馬を輩出する

巨大資本に対抗するのに、自前で全てを賄おうと

するのはやはり無理があると思うのです。成功体

験の数(重賞勝ち馬数と言い換えても良い)が全

く違いますから。ノルマンディーなどはクラブの

募集そのものは絶好調ですが、よく考えれば中央

の重賞勝ちはプラチナムバレットだけです。岡田

スタッドと併せて考えても、毎年コンスタントに

重賞勝ち馬を輩出しているとまではいかないです

し、2歳世代のような世代があったとしても別に

不思議でも何でもありません。

 

その点、育成専門牧場は広く馬を集めていますか

ら、いろいろなタイプの馬に接する機会があり、

単純に手がける馬の絶対数が多いというアドバン

テージを考えれば、まだ今後もコンスタントに結

果を残せる可能性があるでしょう。

俗に言う「シェアリング・エコノミー」の考え方

が、ここでも必要になってきているかもしれない、

と最近感じてきています。

 

個人的にはノーザンF一強というのは面白くない

ので、特に日高の馬には頑張ってもらいたいと強

く思っているのですが、ビッグレットFグループ、

岡田スタッド&ノルマンディーとも、もう一度体

制を考え直さないといけない局面を迎えているよ

うな気がします。

今週の出走予定(2017/11/11)

土曜日、東京の新馬戦2鞍に連続して出走します。

 

ウインソリティア

11/11(土) 2歳新馬 東京/芝2000 Cデムーロ騎手

育成の段階からトラブルがあったりで順調に乗り込め

ていなかった割に、予想していたよりも早いデビュー

となりました。

レースでの馬体重は410キロほどになるでしょうか、

やはり小柄な分仕上がりが早いのだと思いますが、

シルクメビウス、ウインガニオンという偉大な兄2頭

はともにじわじわと力をつけていった馬ですので、

この仔も気長に成長を待ちたいと思っています。

ということで、まずは素質の片鱗だけでも感じさせ

てくれるようなレースをお願いしたいです。

 

ラフカディオ

11/11(土) 2歳新馬 東京/ダ1600 戸崎騎手

2歳世代が絶不調(と言っていいでしょう)のノル

マンディー勢、初勝利なるでしょうか?

初時計を出した頃は凄い馬かもと思ったものの、そ

の後、思っていたほどは時計が詰まってこないよう

でややトーンダウンしているような気もしますが、

実戦に行って変わってくれないでしょうかね。

スウィングビート、バトルマイスターというマル外

2頭始め、強敵揃いのようですが、こちらも先々が

楽しみになるようなレースを期待したいです。

 

今週の結果(2017/11/04・05)

マイネルパブリック

2歳未勝利 柴田大騎手 16頭/16着

あれだけ調教で時計が出せないのにダートが向いて

いるはずも無く、これで引退となりました。

まあ確かに素質が無いのかもしれませんが、真歌で

もう一回じっくり鍛え直す時間は十二分にあるよう

に思いますけどね・・・。

私個人としては、フェイムゲーム目黒記念勝利で

源泉徴収された税金が戻ってくるので、それが補償

だと思えば済むわけではありますが、こういうとこ

ろが会員離れを招いている要因なのでしょうね。

この馬は、もともと評価はそれほど高くなかったも

のの、どうしてもエイシンフラッシュの産駒が欲し

い、という思いが抑えきれずに出資してしまいまし

たが、やはりこういう思い入れだけで突っ走るのは

ダメですね・・・冷静に判断するようにします。

 

ゴルトキルシェ

2歳未勝利 川田騎手 15頭/5着

こちらは差す競馬をしての一変を期待していただけ

に正直、ガッカリでしたね。

パドックを見ていても、人気2頭(シグナライズ、

スターリーステージ)が少しチャカチャカするくら

いだったのに対して、どっしりと落ち着いた歩様を

見せていて、そこが解説者に評価されていましたが、

やはりこの時期の2歳戦はチャカチャカするくらい

の方がいいと思うんですよね。

結局、厩舎も気性面を恐れてソローッと調教してい

るだけで、終いだけ仕掛けるということもやってい

ないですし、馬が競馬というものを理解していない

ように思いました。

調教も積んで、使い込んでいけば自然と気性面の危

うさも見せるようになると思うのですが、そのとき

にどれくらい走れるか、というのがポイントになり

そうです。

 

ミラビリア

2歳新馬 松岡騎手 16頭/6着

事前に詳細なプレビューをしていませんでしたが、

レースでは頑張ってくれましたね。正直、半信半疑

でレースを見ていましたので、思っていたよりも内

容のあるレースでした。

まだ調教も十分にやれていたわけではないですし、

それでいてスッと好位に付ける先行力を見せてくれ

たのですから、平坦・小回りなら前進が期待できる

と思うのですが・・・問題は福島開催がもうすぐ終

わりだということですよね。11/18(土)に牝馬限定の

芝1200戦があるので、体調さえ問題なければここを

使ってみて欲しいなと思います。

出走ラッシュ

今週、来週で出資馬3頭がデビュー予定です。

ミラビリア

  11/5(日) 東京/芝1400 松岡騎手

ウインソリティア

  11/11(土) 東京/芝2000 Cデムーロ騎手

ラフカディオ

  11/11(土) 東京/ダ1600 戸崎騎手

特にノルマンディーの2頭は、クラブの2歳勢の

不振が目立っている現状ですので、期待は大きい

ものと思われます。

 

また、未勝利戦には、

マイネルパブリック

  11/4(土) 東京/ダ1400 柴田大騎手

ゴルトキルシェ

  11/5(日) 京都/芝1600 川田騎手

が出走予定です。

 

ゴルトキルシェは牧場訪問時に話を聞いた際、

「腰の強さがあるので、差した方が持ち味が出る」

とのことでしたし、今回の最終追い切りではキッ

チリと加速ラップを踏んでいることからも、前走

とはひと味違ったところを見せてくれそうです。

 

「ひとつ勝ってホッとする馬ではなく、どこまで

上を目指せるかが勝負だと思っている」

という力強いお言葉も頂きましたので、先々が

楽しみになるようなレースを見せて欲しいです。

今週の結果(2017/10/28)

フリージングレイン

岩船特別 勝浦騎手 12頭/5着

プレビューのところで不安は無いと書きましたが、

ありましたね(苦笑)・・「外枠」と「スタート」。

前半、行き脚がつかずに後方からとなったのが全て

だったように思います。

あと、このクラスでは2200というのは若干短いかな

という印象を受けましたので、もう少し長めの距離

にシフトしていくべきかと思います。

それでも、レース後のコメントでは成長を感じても

らえたようですし、一歩ずつ前進しているのは間違

いないところですので、次走はスタート対策なども

しっかりと講じて臨んでもらいたいです。

牧場見学(番外編)

今回の牧場見学では、社台F、ノーザンF空港に加え、

(毎度のことですが)社台SSにも立ち寄りました。

 

特にどの馬が見たいというものもなく、ただ雑談しな

がら馬の見方等勉強させてもらえれば、という程度の

ものだったのですが、予想外にいいものを見ることが

できました。

 

それは、ドゥラメンテのロンギ場での運動風景です。

 

種牡馬たちも運動不足解消を目的にこのようなトレー

ニングは行っており、キズナが運動を終えて洗い場で

体を洗ってもらっているところも見れたのですが、

そのとき、ちょうど運動をしていたのがドゥラメンテ

だったのです。

 

ドゥラメンテは昨年の宝塚記念での故障により引退を

余儀なくされていたので、そもそも軽いキャンター程

度であっても走れるまでに回復しているということが

軽い驚きでしたが、その走りっぷりは、やはりこの馬

は違う!、と思わせるものでした。

 

後肢の蹴りの強さとか、完歩の大きさ、バネを感じる

脚の運び、といったものは勿論ですが、何よりも強く

印象に残ったのはその「荒々しさ」です。

 

以前、SSのスタッフの方と話していたときに、こんな

話を聞きました。

ディープインパクトが典型的なお坊ちゃんであるの

に対して、ステイゴールドやその産駒は野生児。もし

野生に放たれたらと考えたとき、最後まで生き延びる

のはステイゴールドでありドリームジャーニーであり

オルフェーヴル。この「生命力」こそが、ステイゴー

ルドの血の最大の長所である』

と。

 

今回、ドゥラメンテを間近で見せてもらい、父キング

カメハメハや、その産駒のロードカナロア、ルーラー

シップなどとは全くタイプが異なっていて、むしろ、

ステイゴールド系に通じる「生命力」「荒々しさ」を

強く感じたのです。

 

飛節が全く伸びない歩様などを見ても、おそらく産駒

は平均的に走るというよりも、たまに一発大物を輩出

する、まさにステイゴールドのようなタイプだろう、

と思います。

しかし、この馬の良さが上手く引き継がれたら・・・

日本競馬の歴史を変えるような大仕事をする馬も出て

くるかもしれません。

 

非常にギャンブル性は高いかもしれませんが、ドゥラ

メンテの子どもたちが募集されたら、是非とも注目し

て見てみたいな、と思った次第です。