たいちゃんパパの一口馬主日記

社台RH、サンデーR、G1、キャロット、ノルマンディー、ワラウカドで一口馬主に出資。出資馬の出走の記録を中心に、競馬に関する個人的意見を書き連ねていきます。

絶景かな

フェイムゲーム 

ダイヤモンドS ルメール騎手 14頭/1着

やりました!58.5キロのハンデも関係なしの完勝劇!

見事、重賞6勝目を飾りました。

 

前走16キロ増だった馬体重がどこまで絞れるかを注目

していましたが、マイナス6キロでの出走。

これは「ベスト体重レンジの上限」だと思っていた数

字でしたので、まずはひとつ課題をクリア。

本当はもう少し絞ってもらいたかったですが、厳寒期

にそれはなかなか難しいでしょうから、致し方ないと

ころかと思います。

 

パドック気配は、一言で言うと落ち着きすぎている、

という印象で、少し闘志に欠けるようにも映ったので

すが、返し馬では一変、唸るくらいの行きっぷりでし

たので、この時点で『あ、大丈夫』と安心しました。

 

レース内容は特にコメントすることもないくらいの完

勝で、4コーナーでは勝利を確信できましたので、特に

声を張り上げるポイントもありませんでした。

 

ステイヤーズSがプラス16キロの馬体重であの内容で

したから、力の衰えが無いことはわかっており、当然

と言えば当然の結果ではありますが、いやはや、やっ

ぱり凄い馬です。

 

次走、ルメール騎手に合わせることを考えるとドバイ

ゴールドCとなる可能性が高いような気もしますが、

そうなったらそうなったで、応援したいと思います。

 

↓は口取りの際の本馬場からの眺めです。

f:id:taichan-papa:20180217230443j:plain

 

断然人気で勝てず・・・

ブランメジェール 8着

スタートがすべてという気もしますが、それに

しても完敗でした。

二の脚が思ったほど速くなく、そうこうしている

内に前に入られて首を上げてしまう、というのは

「いつもの」負けパターンですね。

外枠で気分良く走れればいいのでしょうが、こう

いう脆さもあるとなかなか難しいですね。

 

レントラー 9着

中間、障害練習も行ったくらいの完全な頭打ち

状態でしたが、初の1400となった今回はまずまず

の走りができたように思います。

とは言え、本質的にこの距離が合っているという

よりも、気性的な問題のような気もしますので、

この路線でどこまで行けるかはまだ半信半疑です。

 

また、出資馬ではないものの期待して見ていたグレ

イルとステイフーリッシュも揃って惨敗。。。

どちらも、やはりまだまだ未完成な部分が大きいよ

うに思いましたので、使いながらの成長に改めて期

待したいと思います。

 

とまあ、少し気分が沈むレースが続きましたが、

2/17(土)ダイヤモンドSのフェイムゲーム

には当然、期待しています。

 

相手を見ると、ハンデが何キロであろうと勝たな

ければいけないメンバーだと思っていますし、

しっかりと結果を出して新たな年のスタートを切

ってもらいたいです。

 

看板馬たちの春ローテ

現在、たいちゃんパパ厩舎にはオープン馬が3頭

いますが、それぞれの春ローテについて考えてみ

たいと思います。

 

フェイムゲーム

2/17ダイヤモンドS(東京/芝3400)で復帰予定

ですが、その後については3/31ドバイゴールドC

(メイダン/芝3200)と4/29天皇賞・春(京都/

芝3200)を両睨みということでしょうか。

天皇賞に出てもらいたいのはヤマヤマなのですが、

個人的には高速馬場の京都で好走するイメージが

あまり湧かないんですよね。

ドバイという話が出てきたのは騎手事情という気も

していて、ここならルメールJだとかボウマンJだと

かが乗れるという事情もありそうですが、例えば

ムーアJやモレイラJが乗ってくれるというならそれ

はそれで魅力的だと思っています。

 

ラチナムバレット

次走、3/4大阪城S(阪神/芝1800)を目指すと発

表されています。叩き2走目では重賞に挑戦するだ

ろうと思っていましたし、距離も短い印象で、少し

意外な感じもしましたが、焦らず地道に力を付けて

いこうという陣営の判断だと解釈したいです。

前走の内容というよりも馬体を見ると、完成までは

まだまだ時間がかかりそうなので、秋の大一番であ

る10/28天皇賞・秋(東京/芝2000)を目指してロ

ーテーションを組んでもらえればよいかと思います。

 

レノヴァール

次走、3/18スプリングS(中山/芝1800)が候補に

挙がっていますが、まだまだ流動的でしょう。

個人的には、エンジンのかかりの遅さからして、

皐月賞というよりはダービー向きかと思いますので、

無理に皐月賞トライアルに合わせず、3/24毎日杯

阪神/芝1800)→5/6京都新聞杯(京都/芝2200)

くらいで十分かと思います。

この馬は大事に育てればフェイムゲームのようにステ

イヤーとして大成できると思っているので、3歳春と

いう時期にあまり無理使いはして欲しくないですね。

 

いろいろ大きなレースのことを考えていたら楽しくな

ってきました。やはり夢がありますね。

これこそが一口馬主の醍醐味です!!

 

クラスの壁

フリージングレイン 11着

「覚醒」を期待したレイン君でしたが、結果は11着。

結果的にはタイトル通り、クラスの壁にぶち当たった

ものの、敗因としてはメンタル面も大きかったように

思います。

ゲート内で立ち上がった上、道中もかなり行きたがっ

ていて、前走とは全く違う流れに対応できなかったよ

うに感じました。

9月から月イチ出走のペースで5走目ですから、疲れも

あったでしょう。ここは一度、オーバーホールして立

て直してもらいたいと思います。

 

来週は、ブランメジェールが小倉で出走、そろそろ本

気で勝ち上がってもらいたいところです。

さらには出走頭数との兼ね合い次第ですがラヴノット

のデビューもあるかもしれません。

また、シルバーチャリスの16の甥グレイルと、従兄弟

ステイフーリッシュが激突する共同通信杯も目が離せ

ない一戦です。成長力のあるシルバーレーン牝系です

から、ここでの内容次第ではクラシック戦線の中心と

なるかもしれません。2頭とも頑張れ〜!!

バレットの復帰戦

ガンサリュート 15着

距離短縮での一変を期待しましたが、変わり身は

見られず・・・。

パドックで馬体などを見ても、ゆったりとした造

りでやはり短距離馬には思えませんでしたので、

本質的に条件が合わなかったのかもしれませんが、

調教時計も物足りなかったですし、状態がイマイ

チなのかもしれません。

以前から主張していますが、もっと調教で追い込

むか、続けて使うなど負荷をかけた方がいいもか

もしれません。

試行錯誤が続きそうです・・・。

 

ラチナムバレット 4着

骨折休養明けで一番人気の支持を受けましたが、

人気を裏切る結果となりました。

しかし、パドックで期待したほどの良化が見られ

ず、いかにも成長途上といった馬体でしたので、

それを考えればまずまずの内容でした。

戦前から、フェイムゲームのディセンバーS(6着)

と比べてどうか、という点に注目していましたが、

先々への期待という意味では良く似たレースとなり

縁起も良いように感じています。

陣営のコメントにもあるように、今回は無事に回っ

てこられたのが何よりということで、次走以降の

さらなる成長に期待したいと思います。

 

来週は、2/3(土)箱根特別(東京/芝2400)に

フリージングレイン

が出走を予定しています。

昇級初戦ではありますが、ハンデ戦ですし、前走内容

からも上がりのかかる消耗戦になればチャンスはある

のではないでしょうか。

普通に走ったら、前々走で負けているコルコバード

勝つのは厳しそうなので、何かひと工夫が欲しいとこ

ろですね。

仕事の都合でライブでは観戦できないのですが、心の

中で応援しています!

今週は2勝!

今週は素晴らしい結果となりました。

 

ミラビリア 1着

この世代不調のノルマンディー、4頭出資しています

が嬉しい初勝利となりました。

好スタートから一旦控えて、直線で前を捕えるという

教科書通りの競馬で完勝でした。

GCで見たパドック映像でも、バランスの取れた好馬

体でしたし、まだまだ上積みは期待できると思います

ので、今後の活躍が楽しみです。

 

ブランメジェール 2着

こちらは相変わらずの詰めの甘さで・・・直線半ばで

は勝ったかと思いましたが。

行きたがる気性も変わっていないように見えましたし、

馬体もダート馬にしては華奢な面が変わってきません

ので、この辺りの課題が解消されて欲しいです。

 

レノヴァール 1着

今週、最も注目していたレースですが、見事に勝利!

大きなストライドに、まだ薄さの残る馬体で、決して

この時期の中山は向いていなかったと思いますが、そ

れでも勝ち切ったという事実が一番です。

3〜4コーナーでペースが上がったところから追い通し

だったようにエンジンのかかりは遅いタイプですが、

長くしぶとく脚を使えましたね。

人気のディロスとは馬体重は同じくらいでしたが、パ

ドックで見比べると明らかに「薄く」見えましたし、

それだけに完成度はまだまだ低いと思いますので、こ

れからクラシックに向けてどんな成長を見せてくれる

か、楽しみで仕方ありません。

胴伸びのある馬体からも距離は延びれば延びるほど良

さそうですし、皐月賞というよりはダービー向きだと

思うので、じっくりと使っていってもらいたいです。

 

さあ、今週のいい流れを受けて、来週土曜日(1/27)

はいよいよこの2頭がスタンバイ。

東京9R 銀蹄S ダ1400 ガンサリュート

東京11R 白富士S 芝2000 ラチナムバレット

ガンちゃんはフォーム改良、CW追いの効果がどれほ

どあるか、バレットは中間も意欲的に追い切りを重ね

ていて、長期休養明けですが状態は良さそうですので、

ともに期待して応援したいと思っています。

先週の結果&今週の展望(2018/01/20・21)

遅くなりましたが、先週の結果について。

出資馬3頭は、一言で惨敗でした(T ^ T)

ま、こんなときもあります。

 

 

ジャスパーゲラン 14着

パドックで見る限り、太かったのは確かです

が、踏み込みに力感もあり、ここまで負ける

馬には思えませんでした。

ノルマンディーの育成は、精神面とか躾の面で

物足りないと思っていて、それはブランメジェ

ールのときから感じていましたが、相変わらず

なのかもしれません。

精神面さえ走る方向に向けば、それなりにやれ

る馬だと今でも思っていますが…。

 

デスティニーソング 13着

噛み合いませんね。

前走のレース選択で味噌が付いたようです。

上手く立て直せればいいのですが。

 

レントラー  13着

敗因はいろいろあるでしょうが、このクラスで

やれる目処が全く立たないのは厳しいです…。

進退問題になりそうな気もしています。

 

一方で、今週末は、レノヴァールの若竹

賞など楽しみなレースもありますので、切り換

えて応援したいと思います。

年が明けてから流れが悪いですが、そろそろ初

勝利を期待しています!