たいちゃんパパの隠れ家

社台RH、サンデーR、G1、キャロット、ノルマンディー、ワラウカドで一口馬主に出資。出資馬の出走の記録を中心に、競馬に関する個人的意見を書き連ねていきます。

相性の良い重賞

阪神大賞典に出走予定のレノヴァールは順調。どこまでやれるか楽しみです。

 

●ところで、阪神大賞典は初出走となりますが、一方で出走回数が多い重賞は何かと思って調べてみたところ、ダイヤモンドS以外では、

 

京成杯

07年 マイネルーチェ   7着

11年 マイネルギブソン  6着

13年 フェイムゲーム   1着

17年 ガンサリュート   2着

 

京都新聞杯

13年 ジャイアントリープ 3着

15年 レントラー     7着

17年 プラチナムバレット 1着

18年 レノヴァール    14着

 

はそれなりにイメージも良いのですが、

 

京都大賞典

17年 フェイムゲーム   10着

18年 プラチナムバレット 11着 

19年 レノヴァール    14着

 

は軽い馬場になることが多いという傾向もあってか全然ダメで、この辺りにも持久力寄りの馬に多く出資しているという特徴が良く出ているように思います。

 

さて、阪神大賞典はどうなりますか…。

20-21 POG指名馬

●もう少ししたらまたPOGの季節も始まりますので、その前に募集時検討の高評価馬(=POG指名馬)を挙げておきます。左端の数字はスコアですが、高い順に並べると、

 

85 ディオスバリエンテ 母ディアデラノビア    キャロット

84 ベルヴォーグ    母ベルスリープ      サンデーR

83 グルーヴヒート   母グルーヴァー      サンデーR

82 パレドジュスティス 母ラブリネスオブパリ   社台RH

82 クイーンズキトゥン 母ステファニーズキトゥン サンデーR

81 アルーリングギフト 母アルーリングボイス   サンデーR

81 ボカイウヴァの18  母ボカイウヴァ      ワラウカド

80 コーンフィールド  母コーンドリー      社台RH

80 エクセレントタイム 母タイムウィルテル    サンデーR

80 ヴィクティファルス 母ヴィルジニア      G1

 

という順番になりました。

 

●サンデーR所属馬が例年以上に多くなっているというのが今年の特徴でしょうか。

 

●あと、カナロア産駒を2頭入れていますが、この2頭はともにクラシック以上の距離適性を見込んでいるというのもポイントになるかと思います。

阪神大賞典へは初出走

●レノヴァールの次走予定が阪神大賞典と発表されました。疲れもなく、状態も良いようですね。

 

フェイムゲームが一度も走っていないこともあり、出資馬では初出走となりますが、歴史と伝統のある好きなレースなので、とても楽しみです。

頑張りました

ダイヤモンドSレノヴァールは4着でした。見せ場十分の内容でしたし、頑張ったと思います。やや馬体が立派すぎるように思えたのと、道中で少し力むところがあったのが惜しいと言えば惜しいですし、3着までがハナ差でしたので悔しい思いもありますが、十分に楽しませてもらったので満足です。

 

●しかし、キャロットHPの横山典Jのコメントには少しビックリしました。こんなに冗舌にコメントしてくれるんだ、と・・・(笑)。しかも、跨ってみてからの感覚に任せたレースをしているのかと思いきや、「過去のレースをすべて見た」というのも意外な印象でした。

 

●せっかくですので、今日の注目レースですが、当然フェブラリーS・・・ではなく、小倉12R皿倉山特別のノーチカルチャートです。このブログにも何度か登場していますが、この馬もステイヤーとしてかなり高いポテンシャルを秘めていると思っています。前走は騎手と調教師が責任をなすりつけあうようなコメントをしていたように仕上がり途上だったのは明白であり、改めて注目したいです。

さあ、ダイヤモンドS!

●世間は新型コロナウイルスでざわついている中、レノヴァールが出走するダイヤモンドSが明日に迫ってまいりました!「早くも今年の大一番が来た」と言っても過言ではないかもしれません。

 

●何しろ、フェイムゲームが出走した5年間は欠かすことなく口取り予約→正装して観戦していたレースですから、思い入れの強さだけで言えばG1レース並みです。そのレースに、こんなにすぐにまた(それなりの)有力馬を送り出せるというのは幸運ですし、不思議な縁も感じるところです。

 

●レノヴァールの前走、万葉Sについては色々な意見があるでしょうが、3000m超のレースへの適性を見るという意味では有意義だったと思いますし、ここへ繋がる乗り方だったと解釈しています。

 

●ハンデも手頃、鞍上も一発の魅力あり、ということで期待したいところです。

梅花賞の振り返りと初ダートへの見解

●いまさらですがアジャストザルートの梅花賞、何の参考にもならないレースでした。

 

パドックも自信なさげで集中力を欠いた歩様でしたし、単純に気持ちが入ってなかった=仕上がり途上、というのが私の見解です。従い、長距離適性に関しては何ら考えは変わりません。

 

●で、それを踏まえて初ダートということですが…その前走、パドックでは確かに馬が硬くなってきているようにも感じたので、選択としては悪くないかもしれませんが…そもそも陣営もプロなら、こんなデタラメなローテ(この馬の適性を全く把握できていないと言っているのと同じかと)は恥ずかしいと感じてもらいたいですね。

5Gの世界

●仕事で投資アイデアを探すためにセミナーを受けていた時のこと。ふいに↓の記事に関する紹介があり、ビックリした次第。

 

news.kddi.com

 

●5Gは投資テーマとして注目されているところではありますが、まさか競走馬育成で実証実験をしていたとは・・・しかし、これが実用化されれば一口馬主ライフもかなり充実するはず(リアルタイムで愛馬の状況を確認可能)なので、早急に実用化してもらいたいものです。