たいちゃんパパの一口馬主日記

社台RH、サンデーR、G1、キャロット、ノルマンディー、ワラウカドで一口馬主に出資。出資馬の出走の記録を中心に、競馬に関する個人的意見を書き連ねていきます。

今週は2頭が出走

●距離短縮で変わり身をと思っていたゴルトキルシェ

ですが、急に調教で加速ラップを踏めるようになると

いう…本当に噛み合いませんね(苦笑)

マイル以上の距離を使っているときにこの調教をして

もらいたかったものです。

ま、しかし、この距離だと出していってもハナを切れ

ない可能性も高いので、末脚を活かす競馬に繋がって

くれれば…。

 

●前走、休み明けで見せ場を作ってくれたミラビリア

は順調に上向いている模様。

まだ2勝馬の出ていないこの世代のノルマンディーで

すが、第一号となれるでしょうか?

 

●ゲート試験に合格したグレイシャルギャルは山元へ

移動。少し暑さがマシになった水曜日の移動だったの

はラッキーでしたね。

デビュー戦は年内目処くらいで構わないので、まずは

じっくりと乗り込んでいってもらいたいです。

 

●そう言えば、サラフィナの仔のジェニアがフラン

スで重賞を勝ったというニュース。

昔、クロフネミステリーなんて馬もいましたし、同じ

くフランスで重賞を勝ったサンデーピクニックが日本

に来てみたらそんなに大したことなかった、なんてこ

ともあったように、国によって求められる要素が異な

るというのはかなり前からわかっていたはずなのに、

こういうチャレンジをする馬がこれまでなかなか現れ

なかったのは不思議と言えば不思議ですね。

個人的には、出資者の方には大変失礼ながらフォイヤ

ーヴェルクなどは欧州に行ったら超一流馬の可能性が

あるんじゃないかと今でも思っています。

 

●そういう意味では、クリンチャー凱旋門賞挑戦は

結構適性が合うと思っているので、ハープスター

マカヒキサトノダイヤモンドなどよりは期待できる

と思っています。日本ではあまり活躍していないディ

ープスカイ産駒が凱旋門賞を勝つ、というのは日本競

馬界に対する貴重な示唆になるはずなので頑張っても

らいたいものです。